口腔機能の向上の整理

 口から食事をとっているが、「うまく食べられない」ために食事がキザミ食やお粥であったり、食べこぼしやムセなど摂食・嚥下に問題のある高齢者は多いと思われます。このような高齢者に歯科治療と摂食・嚥下リハビリテーションを並行して行うことで、多数の方の摂食状態の改善と誤嚥性肺炎の予防が期待できます。そのために何が必要であるかを整理してみましょう。

【口腔ケア:感染源となる口腔内環境の改善】

 近年、口腔細菌(嫌気性菌)が誤嚥性肺炎の原因であることが証明され、多職種の方にも「口腔ケア」という言葉が聞かれるようになりました。高齢者は就寝時に反射が低下し、唾液の不顕性誤嚥が生じます。誤嚥のなかでは唾液誤嚥が1番多く、口腔ケアを継続することで風邪・肺炎・インフルエンザ・窒息の予防になります。顔面・頸部マッサージを含めたケアにて咳反射も向上して、食欲やQOLの向上が要介護者の表情や言葉として表れてきます。

【嚥下体操:感染経路となる認知期・口腔期・咽頭期の機能改善】

 嚥下体操の目的は、食前準備体操だけではなく食塊を良い状態で咽頭に送り込む機能を向上させる体操です。誤嚥は喉に送り込まれた食塊が気管に誤って入る事ですが、喉の部分は不随運動つまり反射ですから、自分の意志で動かすことの出来ない領域です。『気管に入る所の蓋(喉頭蓋)を閉じてください』と指示しても自分の意志で動かす事は出来ません。しかしながら、口腔周囲筋(顎・頬・口唇・舌)は随意運動ですので、自分の意志で動かす事が出来ます。そして、この口腔領域の運動能力が向上する事で食塊が喉を通過しやすい状態で送り込まれる事から、気管に食塊が入りにくくなり誤嚥を防止します。

 高齢者には『息ごらえ嚥下』を覚えてもらいましょう。嚥下のパターンをゆっくりと再認識してもらうと、意外にも良い効果が得られます。息をこらえると気管が閉鎖されることを教えてあげてください。この嚥下体操が加わることから「機能向上」という相乗作用が期待できます。

 もう一つ大切なことは咳き反射のリハビリテーションです。咳きの練習、ハフィング、口すぼめ腹式呼吸、腕を上げる練習は誤嚥しそうになった食物の排出を促します。また、口腔ケアにてサブスタンスPという物質が発生して、咳きの力が増強することも伝えてあげたい情報です。

 認知症の方には、ごっくん体操〜自立度の低い方〜を参照して口腔ケア時に行うと良いと思われます。

【摂食指導:食形態・食事介助方法・食事姿勢等の改善】

 まず、覚醒状態を確認します。覚醒が悪いときは部屋の環境、声かけや蒸しタオルでの顔面マッサージが効果的です。次は腰のポジショニングも含めた摂食姿勢・体位を整えます。片麻痺のある方は、どうしても重心が麻痺側に傾斜する傾向が多く麻痺側の咽頭から誤嚥する機会が多くなります。

 要介護者にとって、他人のペースで食事を摂る事は、非常に困難であり誤嚥のリスクが高まる行為であることを頭に入れておいてください。必ず食事の説明をして声かけしながら介助します。まず、汁物等で潤してムセ等の有無を確認したら、一口量を調整してゆっくり食べさせましょう。そして食事開始時(特に朝食時)は一口ごとに嚥下を確認して、嚥下を意識化させます。

 食物は口唇で補食させ、液体はムセやすいためすすり飲みをしましょう。ムセた時は後頸部下をタッピングして、飲水は禁忌です。ムセが終わり、落ち着いてから飲ませましょう。

 介護食についても栄養士さんに協力していただき、キザミ食ではなく、軟食にトロミ(あんかけ)をかける、水分にはトロミ剤を最小限度加える等、注意を払い栄養状態と脱水の予防を心がけてください。

 リハビリテーションは評価→処置→評価の流れになります。上記リハを継続しながら、どこに問題があるかを少しずつ考えていけば必ず解決します。まずは、口腔ケアと嚥下体操の実施をおすすめします。
 患者さんの3か月・6か月後はどうなっているのかな?それには今何をしてあげればよいのか!をいつも考えながらケアをしましょう。