平成18年度 第4回 研究会

新介護予防メニュー 口腔機能向上スキルアップ研修

(社)柏歯科医師会      
会長 矢部 布志夫    
歯科介護支援センター
 皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 高齢者が介護を必要とせず、いきいきと元気に暮らしていくことを支援していく「介護予防」の取り組みが 今後大きな意味をもち、生活機能の低下を早期発見、早期対処することが求められています。
 「食べる機能」を担う口腔機能の維持向上は、摂食・嚥下機能のみならず、会話や感情表現機能もあり、日常生活の中心的機能と考えられます。「食」にかかわる問題は、健康を維持するだけでなく、生きる意欲を見出すことにも繋がっていきます。
 そこで、第4回目の今回の研究会は、口腔機能のスキルアップ研修と題しまして、要介護者への接し方の注意点など、口腔機能の向上のための実習を中心に行う予定となっております。
 このスキルアップ講習は今期3回行う予定となっており、ディサービスにて介護予防を実施するすべての施設にご案内しておりますので、ふるってご参加下さい。



日時:  7月29日(土) 午後6:00〜8:30
場所:  柏市健康管理センター2F会議室
内容:  @ 要介護者の原疾患(片麻痺・パーキンソン病・関節リュウマチ・認知症)に
    対する関わり方についての実習
A 嚥下体操の実習と解説
B 口腔機能向上のデモ実習
C 口腔清掃実習



〔研究会の記録〕

 当日、柏祭りの開催を重なりましたが、100名近い方が集まりました。 今回から、『口腔機能向上 〜第1回スキルアップ研修会〜』と題して3回の研修を予定しております。第1回は介護予防の対象者として、比較的軽度な要介護者を対象とした実習を行いました。第2回は10月頃を予定しており、『重度な嚥下障害者、訪問口腔ケア、介護予防の実際の様子、摂食指導の実際』をテーマとして、写真・ビデオを中心とした説明と口腔清掃実習、訪問口腔ケア用品(オーラルケア)の使用法について研修を予定。第3回は栄養改善と口腔機能の向上を来年3月頃に考えております。

地域医療の高島歯科の歯科衛生士さん、お手伝いありがとうございました。

副会長の榎本一彦先生の挨拶よりはじまりました。
本日の講習者は、口腔ケアに対して、真剣に取り組んでいく人が集まりました。


司会の金剛寺先生
いつもありがとうございます
私は要介護者の疾患別の
接し方について講演しました。

柏歯科医師会 介護支援センター衛生士
左、大森さんは地域支援事業を多く実施
しており、講演も熱がはいってます。
支援センター衛生士佐藤さん
本日は初デビューでしたが、
要点をおさえた良い講話でした。
研究会終了時に感謝状が
歯科医師会より渡されました。