日本大学松戸歯学部

ラグビー部ホームページ(OB会)

 松戸歯学部ラグビー部卒業生の皆様お元気でしょうか。このホ−ムページの管理人の大石善也(8期)です。40歳までラグビー部に顔を出していたのですが、このところ多忙でご無沙汰してました。昨年春夏合宿に下記の写真の人、
こんなに口を開ける人誰だかわかりますよね!

そうです初瀬先輩です。

大石と村上洋『練習出てこいクラッソ』
と言われ、また顔を出すことにしました。



 今回の歯学体(デンタル)には沢山の募金誠にありがとうございました。
 結果は第3位でした。
・1回戦 松戸VS朝日大学 :19対5
・2回戦 松戸VS愛知学園 :16対7
・3回戦 松戸VS大阪歯科大:5 対8  ここで負けました。
・大阪歯科大は決勝戦で九州歯科大を大差で勝利して優勝しました。

 2回戦の愛知の前日には初瀬先輩とともに、対策を立てて『非常に良いタックル』を連発して、心配を吹き飛ばしてくれました。

 3回戦の準決勝の大阪歯科は、強力フォワード(モールだけですが)のみのチームでした。前半0対0で後半早いうちに、松戸がフォワードでトライを先制して、このまま勝利と観衆がみてましたが、ラスト10分から、大阪歯科大学はバックスにまわさず得意なフォワードモール攻撃のみできました。少し体力が消耗してモールディフェンスの体型(腰が上がって来たとき)が崩れたときにウイングに回されトライを取られて同点になりました。若見マッサオです。 その後、ロスタイムにペナルティーゴールをねらわれ3点を献上して敗退しました。決勝の九州歯科は大阪に大敗したことから、事実上の決勝戦であり惜しいことをしました。

 現役全員がグランドに倒れ『号泣』しており、松戸観客もみんな泣いていました。私もひさしぶりに『くやし涙』をもらいました。もう少しの体力と意地の差と思われます。

 さて、現在ラグビー部の練習や試合に参加するOBが非常に少なくなっております。そこで、下記の対策を立てて、ホームページでも合宿日程や試合結果を報告して、日常忙しいOBにもあいている日に参加を呼びかけるためにホームページを掲載しました。



仮称;現役ラグビー部活性化委員会

 近年、ラグビーの練習・合宿・試合に参加するOBの数が激減しており、OBのラグビー部離れに危機感を感じております。一方、OBの方に『ラグビーに対する愛情』がないわけではありません。また、学生にとりましてもラグビーをとうして人間的なつながりを求めております。そこで、現役をサポートするためにOBがどのような支援するか体制を考えてみたいと思います。

 資金の調達等の物理的なことではなく、現役のレベルアップのためにOBが集まりやすく自由に意見が言える環境づくりとして、強化委員会を発足して、たまにお見えになるOBの方や遠方で松戸に来られない方にもチームアプローチにて支援する体制を考えてみました。

 つきましては、練習風景・試合結果・合宿日程・飲み会日程・OBの様子はホームページでの掲載を検討しております。また、関東近辺にて松戸に時々来れるOBには、学内および学外における『義務の無い組織づくり』を仮称として、平成18年春合宿より実施してみた上で、改良と検討を繰り返して、『ラグビー部現役とOBとのかけはし』を提案したいと思います。

【学内協力体制】

最高顧問 大竹 繁雄        
顧問 秦  國雄
小泉 浩司
福本 雅彦
       
総括部長 秋元 芳明        
学内部長 福本 雅彦   学外部長 石井 達郎
学内副部長 村上 洋
  学外副部長 卯田 昭夫
渡辺 官
監督 若見 昌信        
副監督 田中 茂男        
コーチ代表 深津 晶(監督補佐として練習サポート体制の構築:初瀬 和敏)
コーチ 浅井・長岡・中島

【近隣協力体制】

総責任者 小泉 浩司
練習責任者 大石 善也
松戸近隣協力隊 山本 真次
三国 大吾  金丸 俊一  松本 健太郎
東京協力隊 川名部 淳
関東協力隊 鈴木 正浩

歯学体(デンタル)等の支援に関しては、地方協力体制を
今後構築していきたいと思いますので、ご協力のほど
宜しくお願いいたします。
  初瀬 和敏



日本大学松戸歯学部ラグビー部フォトアルバム