宇宙飛行士と歯の健康

(小学生用)

 宇宙飛行士になるためには、むずかしい試験にパスするだけでなく 歯や身体が健康であることが大切です。 今回は、宇宙飛行士の歯のヒミツについて考えてみましょう。

虫歯があると宇宙飛行士になれない?
   宇宙飛行士を選ぶ基準の一つに『虫歯がないこと』があります。 気圧の関係で、宇宙では歯が痛くなりやすいからです。治療も出来ないため、大切な仕事が満足に出来なくなります。しかし、小さな虫歯なら、きちんと治療してあれば大丈夫です。小さな虫歯とは、神経に達していない虫歯です。
歯科の定期健診の重要性のひとつですネ。

薬でも治らない歯痛はぬいちゃうってホント?
   本当です。虫歯だけでなく歯周病でも、歯が痛くなることはあります。 痛み止めで効かない場合は、歯をぬいちゅうんだ。 歯を抜くトレーニングは、歯医者と宇宙飛行士だけが訓練するのですよ。
歯肉炎の治療で完治させ歯周病に
ならないようにしましょう。

宇宙にいっても、歯みがきするの?
   イエスです。宇宙のような無重力状態の中では、虫歯菌(ミュータンス) が地球上よりも40〜50倍ふえやすい。だから歯みがきは大切なんだ。
みんなも、3−5分歯みがきしましょう。

宇宙で歯ブラシするって、どんな感じ?
   ふつうに歯ブラシを動かすと、体がクルクルまわってしまうから、体を 固定させて歯ブラシを小さく動かしてみがくんだよ。
正しいみがき方は小刻みにみがく事です。
歯と歯の間の汚れが取れてサッパリしますよ。

宇宙でうがいをするなら、ガラガラ?ブクブク?
   答えはブクブクうがいです。無重力状態でガラガラうがいをすると、水が飛び散って宇宙船の中にフワフワ浮いてしまう。だから飲んでもいい歯みがき剤を使って、ブクブクうがいをした後は飲み込んでしまいます。
ブクブクうがいを右・左・前・後と30秒しっかりすると、
口の中の細菌がなくなるんじゃ。