用意する物


道場入門: 口の中を見る: 指導なし

(食べかすの付きやすい部位・磨き残しの部位を体験)



黒いビスケットを食べて、汚れの付きやすい所を知る。その後ブラッシングをして、再度手鏡で観察。食育体操にて口腔周囲筋のストレッチ後、磨き残しを味覚で体験して再度手鏡を見ながらブラッシング。2回のブラッシング時に歯ブラシはコップの中の水で洗う。(所要時間:20分)





初段試験:  歯垢を舌の先で感知する: 指導あり

(歯垢を舌で感じる能力と舌・頬・唇の機能を向上して咀嚼力を高める)



食育体操と昼食後に、舌の先で1本ずつ、歯と歯肉の間と歯と歯の間を舌でなめる、ヌルヌルした触感が歯垢であり磨き残しが舌で感じとれる能力を獲得。口腔周囲筋のストレッチにより咀嚼力を向上する。(所要時間:20分)



2段試験: 歯ブラシの当て方を習得する:指導あり

(歯と歯肉の間・歯と歯の間に鉛筆でマーキングして当て方を体験)



歯に直接マーキングすることにより、個人それぞれの歯並びにあった『歯ブラシの当て方と磨き方』を習得する。手鏡を使い歯の裏側や奥歯も実施する。できれば歯科衛生士の指導が望ましい。(所要時間:40分)



3段試験: 歯科衛生士さんと勝負してみましょう

(Step1〜3を実施して歯科医院にて予防歯科を受ける:医療費の削減)



*口腔内カメラで歯垢を発色 *初期虫歯を見てみよう

*口腔周囲筋を動かして咀嚼力を向上するゲーム
【輪ゴムリレー】 【舌であってむいてホイ】