徳川家の将軍の食べていた料理を再現

(東京・丸の内「和田倉」の江戸時代中期の食事より)

ヒラメの昆布締め・タイの塩焼き・ショウガ入りのアサリご飯など噛めば噛むほどに奥深さを感じる食事です。

当時の食事は質素に見えますが、一つ一つの食材は江戸近郊で取れた良質でぜいたくなもの。栄養バランスも考えられていて、現代の食生活にも参考になります。