食事介助マニュアル

〜 重度嚥下障害者・入院患者向け 〜

【食べる時の注意点】
  1. まず食事内容を患者さんに知らせる。嚥下食を目で見て確認させ(認知期)、それが無理な患者さんには、介助者が言葉で食事内容を知らせる

  2. 使用するスプーンは、一口大くらいの大きさのものを選び、氷水などで湿らせてから使用する。

  3. 最初の一口は、水分の多い嚥下しやすいゼリー食とし、口腔内を潤す。次に舌の少し奥中央に、スプーンをのせて食塊を置く。

  4. 一口の量は、スプーンに軽く盛りつけた量にする。食塊量は極端に少なくても嚥下しにくい。(カレースプーン2/3位)

  5. スプーンを口腔内から取り出すときに、上唇にスプーンをそっと当てながら取り出して、患者さんに口腔内に異物がなく咀嚼しても良いですと合図する。

  6. 咽頭挙上の有無は一口ごとに目で確認する。確認できたら、二口目からはリズム良く続けて食事介助する。ムセたり、疲れたりした場合は休む。また、ムセた場合は水分の多い嚥下しやすいゼリー食から再開する。

  7. お粥などの粘性の強い食事がある場合は、水分の多いゼリーと交互に与える。(交互嚥下)

  8. 食事の最期には必ず、口腔内に残渣がないか確認する。
【誤嚥性肺炎】
  1. 食べている時の誤嚥;脳卒中後遺症では喉にも麻痺があります。麻痺側から、食物が通過する場合ムセのない誤嚥が起こります。

  2. 要介護者は寝ている間にムセという身体防御反応が低下して、汚れた唾液を誤嚥することにより、37度後半の肺炎を発症します。

  3. 食後に胃・食道から逆流して肺に入る誤嚥があります。患者さんの舌が黄色から茶色に変化している方は逆流性誤嚥性肺炎を起こしています。

呼吸音聴診・頸部聴診による誤嚥の有無の確認
RSSTと改訂水飲みテスト
食事中に数回、食物の口内残留を確認と呼吸・声の変化を観察
発熱の有無・日常生活状態の変化・咳、痰の有無を確認
むせないからといって安心できません。(むせのない誤嚥もあります)食事中や食後も、少しおいてからの咳に注意しましょう。