歯みがきで認知症を防ぐ

 介護が必要な高齢者に歯磨きを習慣づけることで認知症の進行を抑えられるのではないか? という調査が全国の老人介護施設で行われています。これは高齢者に限った話ではなく現在介護に携わっている人はもちろん、将来老人になるすべての人にとって身近な問題です。

口の反射機能に重要なサブスタンスPの減少が認知症の原因に
  (東北大学 医学部名誉教授 佐々木英忠先生)

 『年齢とともに口の反射機能は低下してきます。介護が必要な、いわゆる寝たきりの高齢者には歯みがきの習慣がおろそかになっている方も多いのですが、それがいかに脳に悪い影響を与えるか、多くの人に知ってほしい』と佐々木先生はおっしゃいます。

 口の反射機能とは、健康な人なら無意識に行っているセンサーのようなもの。食べ物や唾液を感知して飲み込んだり(嚥下反射)、気管に異物が入ったら咳きをして外に出す(咳き反射)など口の正常な働きです。

 『口のセンサーが正常に働かないというのは、何らかの脳血管性障害によって脳内のサブスタンスPという神経伝達物質が減っている状態。この物質はアルツハイマーを引き起こすβアミロイド蛋白を分解する働きがあるので、サブスタンスPが減るほど認知症になりやすいわけです』。

 実は、βアミロイド蛋白という物質は若い人でも分泌されていますが、サブスタンスPによって瞬時に分解されるため通常は問題ありません。要はマイナス物質をためないよう、プラスに働く物質のバランスを正常に保つことが肝心なのです。

 サブスタンスPの合成に深くかかわるのがドーパミンという、神経回路の司令塔のような物質。快感を得ると分泌されることでも知られています。

 『ドーパミンが少なくなると、サブスタンスPも減っていく。つまり日常生活の中での刺激がサブシタンスPを作ります。たとえ自力で働くことが出来ない方でも、日常的に何か刺激を送り続けると脳は活性化するのですよ』

 そこで佐々木先生が着目したのが、歯みがき習慣でした。

【認知症の予防・発症のしくみ】

歯みがきが脳への刺激となり
 → 脳内神経伝達物質『サブスタンスP』が増え
 → 口腔の機能が正常に働き
 → アルツハイマーを引き起こす『βアミロイド蛋白』が減り
 → 認知症を防ぐ

反対に刺激が少ないと
 → 口の反射刺激が低下し→認知症を発症しやすくなる