認知症に対する食事ケア

在宅介護の食事(山田明子−監修より)


認知症の人をお世話するときの心得

 認知症の進行の度合い、原因などによって、症状の現れ方は人さまざま。ケースバイケースで対応することになります。
 ただ、認知症だからといって特別な疾患のある場合以外は、特別な食事は必要ありません。老人性認知症の場合、汚したり食べるのに時間がかかったりしても叱ったりせず、一緒に楽しく食事のお世話をする心構えが大切です。

食べないとき(拒食)

 食べる行為を忘れたり、食べたと思い込んで食事をとらなくなることがあります。長時間食事をしないことは、命にかかわりかねません。
 精神的に落ち込んだり、体調や入れ歯の問題など、認知症だけが原因ではないことがあります。食べられなかったり、食べない状態が続けば主治医に相談してください。

こうしてみよう・・・
  • 目先を変えて
    盛り付けや食事の演出を変えてみたり、いつもと料理の味付けや調理法を変えてみることで興味を引きます。
  • 好物を出してみる
    好きな食べ物、子供の頃の思い出の郷土料理など、好きなものなら食べることがあります。
  • 食べられるときに食べたいものを食べる
    食事は1日3回だと決めつけず、口に入るものを食べられるときに食べてもらいます。
  • 栄養補助食品を活用する
    拒食の状態が長く続けば、高カロリー食品などを使うのもひとつの方法。主治医に相談しましょう。
絶えず食べたがるとき(過食)

 食事のテーブルから離れて数分もたたない間に食事をしたことを忘れてしまったり、いくら食べても満足感を得られないなど、常に食べものを求めることがあります。

こうしてみよう・・・
  • 一時しのぎをする
    おやつや軽い食べ物を用意しておきます。食べ物を求められたら、「これを食べて待っていてください」と少しだけ口養いの食べものを渡し、食事まで待ってもらいます。
  • 食べ物以外のことに関心を持たせる
    食事はお年寄りの最大の楽しみ。他に関心が向かないと、食事だけをたのしみにしてしまいます。散歩に行ったり、興味のあることに気を向かせるようにしましょう。
  • 説明する
    食事をしたことを忘れて食後すぐに食べ物を求めた場合、すぐに食後の後片付けをせず、今食べたばかりだということを説明します。何度も同じ質問を繰り返すこともありますが、根気よく対応します。
  • 量を減らして、回数を増やす
    一度に食べる量を少なくし、何度も分けて食べられるようにします。
私の体験  
夜中に食べる母に
脳梗塞による老人性認知症の母は,夜中に置き出してお菓子を食べます。歯や胃に悪いと思いましたが、ふかしいもやおにぎりなどをお皿に置いておくと、それを食べてまた眠っていました。 また、ガツガツと食べて、回りにこぼすので、できるだけ話しかけ、しゃべりながら食べるようにしました。食べるスピードが遅くなり、私のペースと同じになりました。
(在宅介護者)   

食べ物以外を口に入れるとき(異食)

 認知症がすすむと、食べ物を認識することができなくなってきます。土や花、洗剤など、異物を口にしてしまいます。ポータブルトイレのそばにおいておある消臭剤を飲むケースはよくあるようです。

こうしてみよう・・・
  • 目につくところに置かない
    目につくところ、手が届く場所に置かないこと、これしか方法はありません。できるだけ目より上に置くようにします。 危険物のある台所や浴室には、入れないようにドアにカギをかけます。特に危険なものは、必ずカギのかかる棚などにしまいます。いずれにせよ、そばについている人が気をつけていることが一番です。
  • 対応は早急に
    口に入れたことにきがつけば、すぐに対処します。指をかまれてケガをしないように、手近にあるハンカチやタオルなどを指に巻き、グッと口に突っ込んで吐き出させます。その後、口の中を洗います。危険物の場合は、すぐに主治医に連絡します。
人の食べ物をとって食べる(盗食)

 食卓の隣に座っている人の料理をとって食べたり、夜中に台所でコソコソ食べるなど盗んで食べることがあります。

こうしてみよう・・・
  • 説明する
    食卓の隣の人の食事をとって食べるとき、必ずその場で自分のものを食べるように説得し、まわりにいる人がとられないように気をつけます。
  • とれないようにする
    冷蔵庫や棚などから盗み食いする場合、手の届くところに食べ物をおかないこと。
    行為がはなはだしいときは、食べ物の入っているところにカギをかけます。
被害妄想を起こすとき

 現実と掛け離れた妄想を抱くことがあります。たとえば、食事を作る人が料理に毒を入れたと思って、食事を口にしないケースがあります。

こうしてみよう・・・
  • 一番信頼している人と一緒に食事をしてもらいます。「食べても大丈夫」ということを示してあげれば、安心して食べます。
私の体験  
食事の時に
アルツハイマー病の義母がまだ一人で食事ができていた頃、たくさん食べてくれると思っていたら、実は半分以上も床に落としてしまっていたことがありました。これに気づいてから食べている様子を見ていると、箸をすぐに下に落としたり、手づかみしたりして遊んでばかりで食べていませんでした。
 その頃から姑は1人で食事ができなくなっていました。わかったときはショックでしたが、それ以来、それまで以上にたくさん声をかけるようにしました。「これおいしいよ。これは甘いよ。これはちょっと辛いよ」など、姑に通じているとは思いませんが、それからは床に落とさず、ほとんど食べることができるようになりました。今思うと、このちょっとした手助けにもっと早く気付いてあげることができたら良かったと思います。
(在宅介護経験者)   

認知症のお年寄りを介護している人たちへ

認知症によって、目の前にある物や子供の食べている物など、四六時中食べ物を欲するようになりました。 しかし、具体的に話をしてあげることで待てるようになりました。たとえば「今、おじいちゃんの分けて作っているので待って下さい」「今日はもうたくさん食べたから、明日にしましょう」などです。言ってもわからないと思わないで、話しかけることは大切なのですね。
(在宅介護経験者)   

認知症で人の名前も物の名前も忘れているのに、味覚だけはまだ衰えていません。私があまり美味しくないと思っているものに対しては、「これは味ない、いらない」と言って食べてくれません。前の日の残り物も、余り食べてくれません。今、食事したことも忘れているのに、分かっているのが不思議です。やはり、料理は見た目においしそうに盛り付けした品に箸が出ます。食べやすいように細かく切って別皿にうつしても、大皿に盛り付けたほうを食べたがります。
(在宅介護者)   

重度の認知症になってからは、興奮をした時に手で食事をつかんで投げ捨てるようになりました。そこで、別皿に少しずつ入れて被害を少なくしました。そうしておいて、心を落ち着かせる話し方や楽しそうな話題を増やし、時間がかかってもイライラしないように心がけています。
(在宅介護者)   

目についたものは何でも口に入れるので、そばには食べ物以外を置くことはできません。また、汁物も指で器を引っかけてこぼすので、禁物です。以前、便の中にゴム風船やボリ袋の一部が出てきたことがありました。
(在宅介護者)   

義母はパーキンソン病の発症と同時に認知症が始まりました。病気や認知症が進行して、言動がおかしくなっても、なるだけ対等に接してあげることが必要だと感じます。つまり人格を尊重することを忘れないように心がけることです。私自身、子供がまだ小学生だったので、忙しくて気持ちに余裕がなく、ゆったりと時間をかけて会話をしながら楽しく食事ができなかったことが悔やまれます。
(在宅介護経験者)   

全部自分の歯であるくらい丈夫なので食事面で困ったことはありませんが、認知症による態度の変化や手あたりしだい食べたがるので、心が痛くなります。自分で食べられるだけよいと思うように、心持ちを変えてみたりしております。認知症とわかってからは、老健施設にお世話になり、共に過ごす時間を少なくして、ようやく接しておれるというのが実情です。介護をしている方への心のケア、アドバイスができるマニュアルなどがもっとあればと希望します。
(在宅介護者)   

母が初期の認知症のとき、カッとなってよく叱っていました。しかし、こちらが落ち着いてくると、声のかけかたも「ダメ」とか「また〜して」ではなく「〜してくれる」とか「〜しようか」に変わってきました。そして、私がきつい顔をしている時は、母もキッときつい顔で無表情になることや、ゆったりと接していれば、母の失敗が減ることにも気づかされました。母のおかげで、私はチョッピリ成長できたかなと思っています。
(在宅介護者)   

脳梗塞で入院していた病院から退院後、家事をしたがるのですが、うまくできず、後片付けもメチャメチャ。私は叱ってばかりだったのですが、母のできそうな仕事ややりとおせそうなものを選んで頼み、必ず「ありがとう。助かったよ」と声をかけました。足りないところは、黙ってそっと手直しして、口出しをがまんするうちに、少しずつ母もカンをとりもどしていったようです。そうしているうちに、笑顔が出て来ました。また、二人で出かけるように努めました。どこへでも手をつないで、散歩のようにしてしゃべりながら歩き回ったのも、あとから考えると気が晴れてお互いに理解しあうのに役立ったようです。
(在宅介護経験者)