メタボリック症候群

 1つ1つは病気でなくても、3つ合わせると『りっぱな病気』これがメタボリック(代謝異常)症候群です。知らない間に進行する生活習慣病の中で最近、特に注目されています。メタボリック症候群と診断される人は、40歳以上の男性では4人に1人に達するほど増えています。
 そして、肥満が発症の大きな要因となります。つまり肥満と高脂血症、高血圧などが重なると、心筋梗塞や脳梗塞の危険が急増します。脂肪細胞の機能異常が原因で、内臓脂肪症候群といえます。

メタボリック症候群の診断基準

腹囲(へそ回り) 男性 85センチ 以上 (内臓脂肪蓄積)
    女性 90センチ 以上  
中性脂肪 150r/dl 以上  
HDLコレステロール 40mg/dl 未満  
高血圧 130/85mmHg 以上  
空腹時血糖 110mg/dl 以上 (HbA1c 5.6以上)
(5項目中3項目当てはまる場合をメタボリック症候群と診断されます)

 健康診断でコレステロール、中性脂肪、尿酸、血糖値などに異常が出て、再検査をする人は中高年では多いですね。こうした異常は動脈硬化の危険因子であり、米国の医師はこれを『死の四重奏』と表現しました。こわいですね。
 メタボリック症候群の方に聞くと、出張が多い、夕飯が遅い、接待が多く、お酒を断ると商談にかかわる・・など答えます。働き盛りのお父さんにとっては、耳の痛い話ですが、若い頃からの悪い生活・食習慣での内臓脂肪の蓄積が生活習慣病に移行します。

 まず、電卓をだしてください。そして下図の計算をして自分の肥満度を出してみましょう。

BMI 体重(Kg)÷身長(m)の2乗=24以上の太り気味
(22あたりが健康維持には理想的)

 『昔はやせていたのに』とか『お袋、俺をもっと身長が高くなるように産んでおいてくれたら良かったのに』なんて、ぼやいてる人は私だけでしょうか?

 今や糖尿病の患者数は740万人(予備軍を含めると1620万人)にのぼり、糖尿病のうち後天的な要因をもつ2型糖尿病は増加する一方です。この50年で2型は50倍にも増えました。

 まず遺伝的体質として、ご家族に糖尿病患者がいる場合には、自ら、さらにお子さんにも小児生活習慣予防健診を受ける事が重要です。
 肥満には、女性に多い【おしりや大腿部につくタイプ:皮下脂肪型】と中年男性に多い【おなかに脂肪がつくタイプ:内臓脂肪型】があり、特に悪いのはおなかに脂肪が付くタイプで、内臓脂肪の出す物質(悪玉アディポサイトカイン)がインスリン(細胞が血液から糖を取り込む働きをする)の働きを悪くしています。

 メタボリック症候群の要因が3〜4そろうと心血管障害のリスクは31倍になります。今日では高血圧患者数は3900万人、高脂血症患者は2200万人にのぼり脳卒中患者は毎年50万人が新たに発症しています。一昔、脳卒中は第1位の死亡原因でしたが、高血圧薬の浸透にて脳出血が減少して現在は脳梗塞が増加しております。このように、脳梗塞や心疾患は増加傾向であることは、内臓脂肪からの悪玉物質が生活習慣病の要因であることが推察されます。

【どうして起こるのか】
 インスリンの働きが悪いと血糖値が上昇し、それを阻止するために、すい臓が大量のインスリンを増産して、糖尿病にならないようにします。ところが、インスリンには脂肪を合成する作用があるので、おなかに脂肪が貯め込まれるという、悪循環になるわけです。

【対処:正しい知識を持ち、まず太らないこと】
 糖尿病と食事については、特に誤解が多くあります。血糖値を上げるので米、パンなどの糖質が良くないといわれますが、実際には脂肪を取りすぎたために肥満や糖尿病が急増したのであって、お米が悪いわけではないのです。逆にお米等の糖質が極端に少ないと、満腹中枢が満たされずに、かえってお菓子類を取る要求が強く現れます。伝統の日本食を3度食べることが大切です。  また、1日1〜2食に減らすダイエットを行うと、脂肪がたまりやすい代謝異常となります。そして、運動をしながらの減量でないと体重が減っても熱を発散する筋肉も落ちてしまいます。すると、基礎代謝が低下して逆に太りやすい体質になるのです。

【運動と食事】
 運動不足の解消をしましょう。ウォーキング・ランニング・水泳のように大きな筋肉を使う有酸素運動は、脂質代謝を高め、運動能力を維持し、心肺機能を向上させます。そして運動の習慣化は冠動脈疾患の予防になります。
 夕食後1時間は立ってテレビを見ると、エネルギー消費量は座っている場合に比べ、ごはん1膳分になるそうです。家族からは変に見えるかもしれませんね。咀嚼回数を増やすことも血糖値の上昇カーブを抑えるとともに、満腹中枢も刺激されて栄養的にも良い方法といえます。嚥下食やソフト食を糖尿病食に使用する試みも出てきてます。美味しい糖尿病食のレシピが必要だと思います。

 そして、伝統的な食事を見直す事を『食育』として小学生から教育していく事が重要です。清涼飲料水の消費増加やファーストフードへの依存など、食生活の欧米化により、最近子供の糖尿病予備軍が急増しています。『ご飯』『おかず』『野菜』の3つを基本として、家族全員で食生活を見直す機会をつくることから始めましょう。お父さんのお酒もほどほどに、、、。

【肥満・血圧・脂質・血糖値の異常と医療費の比較】

 最期に、メタボリック症候群は高血圧と同様『サイレントキラー(沈黙の殺人者)』と呼ばれます。専門家のアドバイスに従って、上手な健康管理を心がけてください。
大石 善也